長高日記

語の日

語の日のことばを紹介します。

「虹を見たかったら、雨も我慢しなくちゃね」

<解説>

 これは、シンガーソングライターのドリー・パーソンさんの言葉です。「成功」は簡単ではありません。時には厳しく、泣きたい時も必ずあります。決して楽ではない道を辿ることもあります。そのような時、この言葉のように何かを犠牲したり、我慢をすることは多々あるでしょう。しかし、それらを乗り越えてこそ「成功」があると私は思います。皆さんは自分の目標や夢に向かって日々努力することができていますか。目標達成や夢の実現に向けて、一日一日を大切に過ごしていきましょう。

鉛筆 愛媛新聞に掲載されました!

 1月16日(日)に行われた「全国高校生体験活動顕彰制度『地域探究プログラム』地方ステージ(四国ブロック)」についての記事が愛媛新聞に掲載されました。

「地域の課題探求」長浜高生四国最優秀

2022年1月19日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20220124-05)

 

星 地域からの支え

 1月24日(月)、長浜ふれあい会館に行ってきました。この度、水族館部が管理している水槽の隣に、「長高応援コーナー」を作ってくださいました。地域の方々からの応援が本当にありがたいです。

グループ ハモを使った商品開発

 水族館部員が開発した「鱧ノウマミ」の缶詰は、松山三越地下1階にて今月末まで販売されています。(生徒による販売は1月8日に終了しました)

王冠 地域探究プログラム 地方ステージ

 1月16日(日)、国立大洲青少年交流の家で行われた「全国高校生体験活動顕彰制度『地域探究プログラム』地方ステージ(四国ブロック)」に参加し、地域探究活動の成果を発表しました。13日(木)に地域の皆様や企業の皆様の前で発表したときにいただいたアドバイスや改善点をしっかり今回の発表に生かせていました。「えひめゴミ0プロジェクト  カワイイのぼり旗でゴミを減らそう!~長浜から愛媛へ~」のテーマで発表したチーム530が最優秀賞を受賞し、2月13日(日)に行われる全国大会(オンライン開催)に駒を進めました。

 このキャリアデザインの探究活動を通して、生徒はこれからの社会を生きる上で必要となる課題発見力、課題解決能力をはじめ、思考力や表現力等、様々な力を身に付けることができます。また、この探究活動は地域の方々にたくさんのご協力をいただいており、生徒たちが地域のつながりを再認識し、地域への愛着や誇りを育てる良い機会になっています。

 探究活動に取り組むことで主体的に学ぶことの大切さに気付くことができたと思います。これからの学校生活に生かしていきましょう。

携帯端末 インスタライブ<水族館部>

 1月15日(土)、水族館一般公開の代わりとして、部員たちによるインスタライブが行われました。見所満載のインスタライブになっています。まだご覧になっていない方は、HPのトップページからご覧ください。HPで紹介した今年の干支である「トラ」が名前に入るのは、「トラウツボ」・「ハリセンボン[魚虎]」…。どうやらまだいるようです。答えは動画で部員たちの詳しい解説とともに確認してくださいね!

語の日

語の日のことばを紹介します。

「一度で諦めてしまうなんて、そんなことじゃ立派な大人になれないゾ!」

<解説>

 これは、アニメ「クレヨンしんちゃん」でお馴染みの「野原しんのすけ」の言葉です。あなたは一度失敗したらすぐに諦めていませんか? 人は挫折をしたり、苦手なことが目の前にあるとすぐに諦めてしまうことがあります。もし、諦めかけそうな時には自分の行動を見つめ直してみましょう。思いもよらない考えや方法が生まれ、新たな自分に出会うことができるかもしれません。

 今年の4月から「成人」となる年齢が18歳に引き下げられます。3年生はあと2か月半で、1・2年生も18歳になった瞬間から「成人」となります。一人ひとりが自覚と責任を持ち、日々の学校生活を送っていくようにしましょう。

グループ 3年生最後の日<華道部>

 華道講師の徳田先生から3年生へ一人ずつ贈り物をいただき、最後に3年生から後輩たちにメッセージを届け、華道部での活動を終えました。3年生の皆さん、お疲れさまでした!3年生は校長先生と記念撮影をし、少し緊張しながらも和やかな撮影会となりました。

会議・研修 CD研究発表会<1年生>

 1月13日(木)、1年生のキャリアデザイン研究発表会が行われました。これまでに地域の課題を明らかにし、その解決に向かって各班に分かれて活動してきた成果を、地域の方々や企業の方々の前で発表しました。プレゼン作成や発表練習等、たくさん準備して迎えた当日。出番が来るまでの生徒たちの表情には緊張している様子が見られましたが、いざ前に出ると堂々と発表することができており、自分たちの活動への自信が感じられました。各班の発表後には、講評や質疑応答をいただき、より深い学びにつなげることができました。また、最後には協賛社賞も授与していただきました。御協力いただきました地域の皆様、企業の皆様、ありがとうございました。

 1月16日(日)には、国立大洲青少年交流の家で行われる「全国高校生体験活動顕彰制度『地域探究プログラム』地方ステージ(四国ブロック)」に参加し、今回同様に地域探究活動の成果を発表します。最優秀を受賞したグループが全国ステージへの出場権を得ることになります。この日の経験を次に生かしていきましょう。

星水族館残月プロジェクト~ニモとクラゲの焼印で長浜を盛り上げよう~

星はにがれ実写化動画で分校化を阻止せよ!~通っている高校が漫画になったので、実写化してみた~

星STOP!!分校化~お弁当プロジェクト~

星青島の今を考える~猫以外の青島の今について~

星えひめゴミ0プロジェクト  カワイイのぼり旗でゴミを減らそう!~長浜から愛媛へ~

星長浜LOVE~HPを使って観光客を増やそう~