長高日記

語の日

語の日のことばを紹介します。

「虹を見たかったら、雨も我慢しなくちゃね」

<解説>

 これは、シンガーソングライターのドリー・パーソンさんの言葉です。「成功」は簡単ではありません。時には厳しく、泣きたい時も必ずあります。決して楽ではない道を辿ることもあります。そのような時、この言葉のように何かを犠牲したり、我慢をすることは多々あるでしょう。しかし、それらを乗り越えてこそ「成功」があると私は思います。皆さんは自分の目標や夢に向かって日々努力することができていますか。目標達成や夢の実現に向けて、一日一日を大切に過ごしていきましょう。

鉛筆 愛媛新聞に掲載されました!

 1月16日(日)に行われた「全国高校生体験活動顕彰制度『地域探究プログラム』地方ステージ(四国ブロック)」についての記事が愛媛新聞に掲載されました。

「地域の課題探求」長浜高生四国最優秀

2022年1月19日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20220124-05)

 

星 地域からの支え

 1月24日(月)、長浜ふれあい会館に行ってきました。この度、水族館部が管理している水槽の隣に、「長高応援コーナー」を作ってくださいました。地域の方々からの応援が本当にありがたいです。

グループ ハモを使った商品開発

 水族館部員が開発した「鱧ノウマミ」の缶詰は、松山三越地下1階にて今月末まで販売されています。(生徒による販売は1月8日に終了しました)

王冠 地域探究プログラム 地方ステージ

 1月16日(日)、国立大洲青少年交流の家で行われた「全国高校生体験活動顕彰制度『地域探究プログラム』地方ステージ(四国ブロック)」に参加し、地域探究活動の成果を発表しました。13日(木)に地域の皆様や企業の皆様の前で発表したときにいただいたアドバイスや改善点をしっかり今回の発表に生かせていました。「えひめゴミ0プロジェクト  カワイイのぼり旗でゴミを減らそう!~長浜から愛媛へ~」のテーマで発表したチーム530が最優秀賞を受賞し、2月13日(日)に行われる全国大会(オンライン開催)に駒を進めました。

 このキャリアデザインの探究活動を通して、生徒はこれからの社会を生きる上で必要となる課題発見力、課題解決能力をはじめ、思考力や表現力等、様々な力を身に付けることができます。また、この探究活動は地域の方々にたくさんのご協力をいただいており、生徒たちが地域のつながりを再認識し、地域への愛着や誇りを育てる良い機会になっています。

 探究活動に取り組むことで主体的に学ぶことの大切さに気付くことができたと思います。これからの学校生活に生かしていきましょう。

携帯端末 インスタライブ<水族館部>

 1月15日(土)、水族館一般公開の代わりとして、部員たちによるインスタライブが行われました。見所満載のインスタライブになっています。まだご覧になっていない方は、HPのトップページからご覧ください。HPで紹介した今年の干支である「トラ」が名前に入るのは、「トラウツボ」・「ハリセンボン[魚虎]」…。どうやらまだいるようです。答えは動画で部員たちの詳しい解説とともに確認してくださいね!

語の日

語の日のことばを紹介します。

「一度で諦めてしまうなんて、そんなことじゃ立派な大人になれないゾ!」

<解説>

 これは、アニメ「クレヨンしんちゃん」でお馴染みの「野原しんのすけ」の言葉です。あなたは一度失敗したらすぐに諦めていませんか? 人は挫折をしたり、苦手なことが目の前にあるとすぐに諦めてしまうことがあります。もし、諦めかけそうな時には自分の行動を見つめ直してみましょう。思いもよらない考えや方法が生まれ、新たな自分に出会うことができるかもしれません。

 今年の4月から「成人」となる年齢が18歳に引き下げられます。3年生はあと2か月半で、1・2年生も18歳になった瞬間から「成人」となります。一人ひとりが自覚と責任を持ち、日々の学校生活を送っていくようにしましょう。

グループ 3年生最後の日<華道部>

 華道講師の徳田先生から3年生へ一人ずつ贈り物をいただき、最後に3年生から後輩たちにメッセージを届け、華道部での活動を終えました。3年生の皆さん、お疲れさまでした!3年生は校長先生と記念撮影をし、少し緊張しながらも和やかな撮影会となりました。

会議・研修 CD研究発表会<1年生>

 1月13日(木)、1年生のキャリアデザイン研究発表会が行われました。これまでに地域の課題を明らかにし、その解決に向かって各班に分かれて活動してきた成果を、地域の方々や企業の方々の前で発表しました。プレゼン作成や発表練習等、たくさん準備して迎えた当日。出番が来るまでの生徒たちの表情には緊張している様子が見られましたが、いざ前に出ると堂々と発表することができており、自分たちの活動への自信が感じられました。各班の発表後には、講評や質疑応答をいただき、より深い学びにつなげることができました。また、最後には協賛社賞も授与していただきました。御協力いただきました地域の皆様、企業の皆様、ありがとうございました。

 1月16日(日)には、国立大洲青少年交流の家で行われる「全国高校生体験活動顕彰制度『地域探究プログラム』地方ステージ(四国ブロック)」に参加し、今回同様に地域探究活動の成果を発表します。最優秀を受賞したグループが全国ステージへの出場権を得ることになります。この日の経験を次に生かしていきましょう。

星水族館残月プロジェクト~ニモとクラゲの焼印で長浜を盛り上げよう~

星はにがれ実写化動画で分校化を阻止せよ!~通っている高校が漫画になったので、実写化してみた~

星STOP!!分校化~お弁当プロジェクト~

星青島の今を考える~猫以外の青島の今について~

星えひめゴミ0プロジェクト  カワイイのぼり旗でゴミを減らそう!~長浜から愛媛へ~

星長浜LOVE~HPを使って観光客を増やそう~

学校 第3学期始業式

 1月11日(火)、第3学期始業式及び表彰伝達が行われました。1・2年生にとっては、次の学年に向けての0学期、3年生にとっては自分の進路に向けての準備期間として、校長先生がお話された「敏」の言葉を意識して過ごしていきましょう。また、新型コロナウイルス感染症対策を徹底しましょう。

校長先生からのメッセージはこちら

→「校長室より

王冠<本日の表彰伝達内容>

・愛媛県統計グラフコンクール

 「教育長賞」

・統計グラフ全国コンクール

 パソコン統計グラフの部「入選」

動物 水族館にトラ⁉②

 前回の「トラウツボ」に続き、今年の干支である「トラ」が名前に入るのは、見ているだけでみんなが癒される「ハリセンボン」です。泳ぎ方がかわいいハート漢字で書くと、「魚虎」と書いて「ハリセンボン」と読みます。こちらも名誉顧問のさかなクンからいただきました。さかなクン直筆のイラストも水槽に貼られています!

学校 始業式の時程

 いよいよ3学期が始まりますね。以下は、11日の時程です。身だしなみ指導があるのでしっかり整えておきましょう。また、この日が提出日になっている冬季課題もあります。確認して持参しましょう。

イベント 高く上がりますように

 1月4日(火)、緑地公園で行われる「とうど焼き・凧揚げ大会(1月8日実施予定)」に向けて、生徒会総務委員が美術の先生ご指導のもと、凧糸などの最終調整をしていました。凧の絵は美術部が描いています。今年の凧も可愛くできあがっています。

動物 水族館にトラ⁉①

 こちらは、水族館部名誉顧問のさかなクンからいただいた「トラウツボ」(写真手前)です。生徒たちにも水槽の中のウツボたちの間でも人気者です。さかなクン、ありがとうございます!今後も干支にちなんだ長高水族館の「トラ」を紹介していきます。お楽しみに!

星テレビ放送星

 年末にお知らせしましたとおり、明日放送です!日本全国の中で超個性的で面白い取組を行う学校として紹介されます。ぜひ、ご覧ください。

1月6日(木)23時59分から

読売テレビ・日本テレビ系全国ネット

「ワンチャンあり!?キングオブスクール」

虫眼鏡 3学期のテーマは?

 1月4日(火)、水族館に行ってみると、「マリンアクアリウム1」の授業で立ち上げた自分の水槽の掃除に来ていた生徒たちがいました。すばらしい!

1学期は「長浜の海」、2学期は「沖縄の海」が水槽のテーマでした。

下沖縄の海の魚たち

 そして、3学期は「私の海」がテーマだそうです。2学期の水槽のレイアウトを変えるなど、自分ならではの水槽にバージョンアップしていきます。

昼 元旦

 明けましておめでとうございます。本年も本校の教育活動に御理解・御協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

星 感謝の気持ち

 2021年も今日で終わりですね。今年を振り返ると、校内では「分校化」という言葉を何度も聞いた一年でした。本格的に全国募集をスタートさせ、「地域みらい留学」の制度も活用し、学校のPR活動に奔走した年になりました。この危機感を抱かずにはいられない状況で感じたのは、全国募集のための学校PRイベントに全力で参加してくれた生徒たちや、学校体験や寮の整備等、様々な場面で力を貸してくださる地域の皆様など、多くの人から応援され、一緒に走り抜けてくれる人がいる温かさでした。そして同時に、この学校が本当に魅力的な場所だということです。

 来る2022年も、生徒たちが充実した高校生活を送り、自らの可能性を大きく広げることができるように、一人一人を大切にしながら邁進します。2021年も本校の教育活動に御理解・御協力いただき、ありがとうございました。2022年が皆様にとって、すばらしい一年になりますように。

2022年も生徒たちの笑顔がたくさん見える一年になりますように。

ひらめき テレビ放送のお知らせ

1月6日(木)23時59分から

読売テレビ・日本テレビ系全国ネット

「ワンチャンあり!?キングオブスクール」

日本全国の中で超個性的で面白い取組を行う学校として紹介されます。ぜひ、ご覧ください。

晴れ 新年を迎える準備

 12月27日(月)、生徒会総務委員が「門松」作りに挑戦しました。立派な「門松」が正面玄関前に飾られ、新年を迎える準備が整いました。

視聴覚 FMえひめ

 「桑原運輸presentsカモ☆れでぃ★Night!学校CMコンテスト」で、放送部と生徒会総務委員が学校の魅力をPRし、「リスナー特別賞」を受賞しました。まだ聴いていない方は、番組HPから聴くことができます。

下こちらをクリック!

https://joeufm.co.jp/crn/cm2021/

会議・研修 日本学生科学賞愛媛県審査

 第65回日本学生科学賞の愛媛県審査において、水族館部2年生の増田くんが発表した「カクレクマノミのダンスの秘密」が優秀賞に選ばれました。

 

星増田くんの感想です。

 卒業された町田先輩の後を継ぐ研究をしました。僕は今、ポスター作りを頑張っています。昨年度は、白黒の色で研究をしていましたが、今回はそれ以外の色に注目して研究しました。そこで、クマノミが赤に対してワッギングが多いことが分かりました。

 僕はとても面白いと思いながら今回の研究をすすめることができましたが、全国大会には行けないという結果になって悔しかったです。来年は、研究の成果を見てもらった人に驚いてもらえるように、日々頑張っていきたいと思います。

グループ お知らせ<1年生>

 1年生の総合的な探究の時間に、5班が青島について研究し、動画作成に取り組んでいます。動画の第2弾が完成し、公開していますので、ぜひご覧ください。

 「地域の魅力発信」→「キャリアデザイン5班」からもご覧いただけます。

グループ 12月の活動<華道部>

 12月の1回目の活動は、いつも通りに花を生け、2回目はクリスマスアレンジを3名の先生方も加わってにぎやかに作成しました。オーナメントがたくさんあり、いつもと違う雰囲気で、分からないところは教え合いながら楽しく作ることができました。

グループ 大洲高校との交流

 12月20日(火)、大洲高校との交流活動として、大洲城の清掃と列車歓迎活動のボランティアに本校生徒も参加しました。清掃活動では、草引きや落ち葉拾い等、時間いっぱい取り組むことができました。

 清掃後には、観光列車JR「伊予灘ものがたり」に歓迎の意味を込めて旗振り活動を行いました。普段はできない貴重な体験をさせていただきました。

星 水族館部にささげた青春

ひらめき12月18日(土)の水族館公開で3年間の部活動を引退した上田さんに話を聞きました。水族館部についての熱い思いが詰まっています。

3年 上田彩華

 水族館部では、1番に何を身に付けたのか分からないくらい、様々なことを身に付けることができました。数えきれない中で特に挙げるとしたら、責任を最後まで持つことの大切さ、目標をもって取り組むこと、協調性の大切さを学びました。

 毎月行われる第3土曜日の公開日に向けて、一人一人が準備すべきことがあります。しかし、「~をここまでする」という目標がしっかりと定まっていない人は、日々の活動ですることが見つからず、時間を無駄にしている場面がありました。そのようなときに、周りの人が声を掛け、するべきことをやってもらう雰囲気づくりができなかったこともありました。

 部長としては、大変な仕事はみんなで分け合ってすることの大切さ、その場にあった的確な指示を出すことの大変さを学びました。大変な仕事を一人でこなそうとすると、空回りして上手くいかないことが多いと思います。そのようなときに、周りに頼るのが恥ずかしいと思うのではなく、大変なことは周りに頼ることで解決していくことが大切だと思います。そうすることで周りがよく見えるようになり、その場に合った指示も出せるようになりました。

 水族館部には、全国のどんな部活よりも魅力的なところがたくさんあります。自分を成長させてくれ、自分のやりたいことができ、自分の得意分野を活動に生かすことで自信につながり、より良いものを創り上げることができます。大変なこともありますが、それを乗り越えたからこそ身につく自信を見つけられた部活でした。

 後輩の皆さん、部活を引退するときになって分かる達成感、やりがいを感じるために、これからも頑張ってください。中学生の皆さん、水族館部に入って、他の誰よりも成長し、高校生活の青春を水族館部に託してみませんか?

学校 第2学期終業式

 12月20日(火)、表彰伝達及び第2学期終業式が行われました。表彰伝達では、日本学生科学賞愛媛県審査や作文コンクール等の表彰があり、長高生の頑張りが称えられました。校長先生の式辞では、2学期を通しての長高生の活躍や命を大切にしてほしいというお話がありました。

校長先生からのメッセージはこちら

右校長室より

 様々な学校行事が行われた2学期。みんなで一つのことを成功させようと同じ目標に向かって頑張る中で、お互いをより知ることができ、仲間意識を高めることができた場面が多かったと思います。本日22日(水)から27日(月)まで、冬季補習・学習会が行われます。時間を有意義に使って、3学期に向けて実りある冬季休業期間にしていきましょう。

<表彰伝達内容>

・海ごみゼロアワード

・第65回 日本学生科学賞愛媛県大会

・第21回高校生フォーラム17歳からのメッセージ

・第23回全国高校生留学生作文コンクール

・令和3年度校内読書感想文コンクール

・ビジネス文書実務検定試験

・珠算・電卓実務検定試験

・実用英語技能検定

星 特別な公開日

 12月18日(土)、長高水族館の一般公開が行われました。今回は、昼の公開に加えて、年に1度の夜の公開もありました。

 ハマチとともに泳ぐクラゲ。イルミネーションやプロジェクションマッピング等、幻想的な雰囲気を楽しんでいただきました。

 吹奏楽部によるクリスマスコンサート音楽

 今治西高校・愛媛大学附属高校と研究発表をして交流しました。

 1年生のキャリアデザイン4班と米田七宝堂様との特別企画である「ニモ残月」・「クラゲ残月」は今月も大好評でした。

 3年生がこの日をもって全員引退しました。後日、部長のインタビューを掲載します。

 2022年1月は、長高水族館お祝い開館23周年目」のスタートです。今後とも、勢いが止まらない水族館部員たちと長高水族館の応援をよろしくお願いします!

グループ シェイクアウトえひめ

 12月17日(金)、えひめ防災週間(12月17日~23日)にあわせて、「シェイクアウトえひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)」が行われ、本校も参加しました。「①まず低く→②頭を守り→③動かない」の指示をしっかり守り、真剣に取り組むことができました。

学校 ALT来校日

 12月13日(月)・14日(火)は、ALTのレイ先生の初めての来校日でした。英語の授業では、ゲームをしたり、クイズを交えたレイ先生の自己紹介を聞きながら、海外の文化についても勉強しました。

 また、生徒たちはレイ先生に長高水族館を案内し、ジェリーズガードのクイズや生き物の解説を英語で頑張りました。

 他にも体育や美術の授業等に入っていただき、楽しく交流することができました。次の来校日も楽しみですね!

星 明日の注目ポイント!

 12月18日(土)は、長高水族館の一般公開が行われます。夜には幻想的な雰囲気のクリスマスヴァージョンでの公開もあります。15日(水)には、新たに「ドチザメ」・「ネコザメ」・「トビエイ」・「シビレエイ」が水族館に仲間入りしました。長浜漁協様からのクリスマスプレゼントに生徒たちも大喜びです。また、玄関水槽では、長高水族館で生まれ育ったクラゲたちが可愛く泳いでいます。ぜひ、ご注目ください!

 明日の昼の部では、吹奏楽部によるクリスマスコンサートも行われます。

 そして、1年生のキャリアデザイン4班と米田七宝堂様との特別企画である「ニモ残月」と「クラゲ残月」の販売もあります。長高水族館のお土産にぜひハート

【販売時間と個数】

①12時から13時

「ニモ残月」75個、「クラゲ残月」75個

②14時から15時

「ニモ残月」75個、「クラゲ残月」75個

【販売場所】

米田七宝堂

 

 他にも見所盛りだくさんです。生徒たちは明日に向けて一生懸命準備していますので、お楽しみに!

バス みかんの収穫体験

 12月11日(土)、長浜支所主催の「農業体験モデル事業」に本校生徒が参加し、みかんの収穫体験をしました。栽培や収穫作業について、体験しながら楽しく学ばせていただきました。

ひらめき お知らせ<1年生>

 今回は、長浜のシンボルの赤橋に行ってきました。ぜひ、僕たちの記事を読んでみてください。

N観光発見隊

班長 坂田より

「地域の魅力発信」→「キャリアデザイン1班」からご覧ください。

こちらからもご覧いただけます!

→「赤橋に行ってみた!

語の日

語の日のことばを紹介します。

「人は人 自分は自分 比べた時点で負けてる」です。

<解説>

 これは、嵐の二宮和也さんが作曲した「ファイトソング」という曲の中に書かれている言葉の一つです。皆さんは人と比べて落ち込んでしまった経験などはないですか。落ち込んでしまっても、自分の行動や考えをプラスに捉えることで、たくさんの財産を吸収することができます。人と比べる前にまずは自分自身を振り返ってみましょう。自分に負けない強さでたくさんの壁を乗り越えることができます。もし、落ち込んでしまったときは嵐の「ファイトソング」を聴いてみてください!

遠足 修学旅行代替行事

 12月10日(金)、3年生の修学旅行代替行事が行われました。7時30分に学校を出発し、まずはNEWレオマワールドへ到着。全力で遊び、はしゃぎ、アトラクションを満喫していました。お昼ご飯は「ホテルレオマの森」でバイキング給食・食事

 お腹も満たされ、四国水族館に着くと、本校卒業生でこちらの職員である山本さんが出迎えてくださいました。イルカショーを見たり、大きな水槽とかわいい生き物たちに癒され、楽しいひと時を過ごしました。最後は西条市のアサヒビール園でおいしい晩ごはんを食べました。

星生徒の感想星

 みんなとの絆が深まる楽しい修学旅行でした。焼肉を食べたり、レオマや水族館でみんなが笑顔で楽しむことができてよかったです。残りの学校生活もみんなと悔いのないように思い出をいっぱい作っていきたいです。

3年 冨永 千夏

会議・研修 コース・科目説明会

 12月10日(金)、1・2年生の「コース・科目説明会」が行われました。各教科の先生方から授業の内容やコースの特徴等の説明がされ、生徒たちも集中して耳を傾けていました。自分の進路を考慮して真剣に選びましょう。

学校 防災避難訓練

 12月8日(水)、地震・津波・原子力災害に対する防災避難訓練が行われました。今回は、長浜保育所・グループホーム春の風と連携して、地震によって津波・原子力災害が起きた想定で屋内退避をしました。しっかりと身を守る行動をして安全に避難することができました。

 退避完了後には、「東日本大震災から学ぶ」と題して、清水先生による防災講話がありました。実際に被災地に足を運び、自分の目で見たことを写真も見せながら分かりやすく教えていただきました。清水先生が最後に「帰宅したら、市民防災読本(防災ガイド)を読みましょう」とお話されましたね。確認しましたか?

グループ クラスマッチ

 12月6日(月)、2学期クラスマッチが行われました。サッカーとバスケットボールを通して、学年・クラスを超えて楽しみました。今回が3年生にとっては最後のクラスマッチでした。思い出に残る一日になったでしょうか。

先生たちもドリームマッチに参戦し、一緒にスポーツを楽しみました。

語の日

語の日のことばを紹介します。

「最大のリスクは リスクを取らないことだ」です。

<解説>

 これは、Facebook創設者で有名なマーク・ザッカーバーグの言葉です。「リスク」というと後ろ向きなイメージがありますが、挑戦するときには必ずリスクが付きものです。リスクを恐れずに挑戦することが成功への第1歩だと私は思います。なので、皆さんもリスクを恐れずにたくさんのことに挑戦してみましょう。たくさんのことに挑戦し、自分自身を成長させていきましょう。

キラキラ ワックスがけ

 12月3日(金)の考査終了後、ワックスがけが行われました。一人一人が自分の担当場所できれいに掃除をし、ワックスがけを頑張ってくれたので教室がピカピカになりました。来週からも気持ちの良い環境で過ごせそうです。2021年も残り1か月を切っています。隅々まできれいにして、新しい年を迎えたいですね。

ひらめき お知らせ<1年生>

 今回は末永家住宅(百帖浜屋敷)を見学し、長浜の歴史について学ぶことができました。 ぜひ、僕たちの記事を読んでみてください。

N観光発見隊

班長 坂田より

「地域の魅力発信」→「キャリアデザイン1班」からご覧ください。

こちらからもご覧いただけます!

→「末永家住宅[百帖座敷]に行ってみた!

鉛筆 先生たちも勉強中

 12月1日(水)は、期末考査3日目でした。生徒たちは良い雰囲気の中でテスト勉強や考査に集中しています。そして、生徒が勉強に励んでいる最中、学んでいるのは先生たちも同じです。

 この日の午後には、「学習評価に関する自主研修会」が行われ、令和4年度から開始となる成績の「観点別評価」の円滑な実施に向けて、校長先生のご指導のもと、先生たちも熱心に勉強していました。生徒たちにしっかり還元できるように、先生たちも頑張っています。

音楽 舞台を踏む<吹奏楽部>

 11月21日(日)に行われた「愛媛県高等学校総合文化祭」の吹奏楽部門において、本校の吹奏楽部が大洲農業高校吹奏楽部の皆さんと合同演奏で参加しました。本校吹奏楽部は1年生だけのチームなので、大洲農業高校の皆さんと演奏することで多くの刺激を受けることができました。11月は長高フェスティバルでの演奏に続いて、高文祭にも出場し、表舞台を経験することで得るものも大きかったと思います。今後の部活動での取組に生かしていきましょう。大洲農業高校吹奏楽部の皆さん、ありがとうございました。

グループ 11月の活動<華道部>

 長高フェスティバルで、華道部は「お花ラリー」を実施しました。校内9か所に展示された生け花を探して花材を記入できたら、景品をゲットという内容でした。初企画でしたが、たくさんの方に参加していただけました。9人が違う花を生ける楽しさや難しさなどを経験して、ひと回り成長できたように思います。

学校 生徒会総務委員役員選挙

 11月19日(金)、生徒会総務委員の役員選挙が行われました。立会演説会では、立候補者と応援演説者の熱い思いが話され、全員が真剣な態度でメモを取りながら聞いていました。また、この選挙は主権者教育の一環として行うため、選挙管理委員を決め、立候補者のポスター掲示や政見放送等も実施しました。記載台や投票箱等は長浜支所から公職選挙時に使われているものをお借りしました。実際の選挙と同じ方法を取ることで、一人一人の主権者としての自覚を高めることができた役員選挙になりました。

  全校生徒の前で自分の思いを話すのは緊張してとても勇気がいることだったと思います。8名の枠に多数の生徒が立候補した今回の役員選挙は、「こういう学校にしたい」という思いとともに、一人一人の頼もしい姿を見ることができ、生徒たちが築いていく長高の未来にすてきな予感を感じさせるものでした。長高は全員が主役になれる学校です。みんなでより良い長浜高校の未来を描いていきましょう。

語の日

語の日のことばを紹介します。

「100点は無理かもしれん。でも、MAXなら出せるやろ。」

<解説>

 これは、お笑いタレントのダウンタウン松本人志さんの言葉です。何かをしようとする時に、皆さんは全力を出し、努力することができていますか? 結果はどうであっても、100%の力を出し切ることが大切です。力を出し切ることが経験となり、次のステップアップとして生かすことができます。来週から期末考査が始まります。しっかりと対策をして、全身全霊でテストに臨んでいきましょう。

美術・図工 創造力は無限大<美術部>

 11月18日(木)から21日(日)に愛媛県美術館南館で行われた「愛媛県高等学校総合文化祭」に美術部がデザイン4点を出品しました。20日(土)には、会場に足を運び、作品を鑑賞しながら今後の制作活動に向けて意欲を高めました。

イベント 水族館公開日

 11月20日(土)、長高水族館の愛媛県限定の一般公開が行われました。好天の暖かい日差しの中、外のプールで「ハマチショー」を体験していただいたり、長高で生まれ育ったクラゲの赤ちゃんのお世話体験をしていただいたりと、生徒たちもお客様とのコミュニケーションを楽しみながら、水族館の案内や解説を務めていました。完全予約制でしたが、満員の120名のお客様にお越しいただくことができました。ありがとうございました。

 1年生のキャリアデザイン4班と米田七宝堂様との特別企画である「ニモ残月」・「クラゲ残月」の販売も行われ、大好評で完売することができました。アイデアが形になり、お客様の手に渡ることに生徒たちも喜びを感じています。お買い求めいただいたお客様、ありがとうございました。

上当日は、店内にクラゲ水槽も設置させていただきました。

クラゲ残月」は今回初登場でした!

夜 見上げた先には

 11月19日(金)、「部分月食」を見るために屋上に上がり、天体ショーを楽しみました。部活が終わった生徒も続々と集まり、夜空を見上げて、めずらしい現象に歓声が上がっていました。

 長高には、かつて「気象天文部」があり、屋上に設置されている天体望遠鏡で観測が行われていたそうです。天体望遠鏡で見た長浜の夜空はどんな感じなのでしょうか。

星5時半頃

星6時頃

グループ 人権問題学習会

 11月12日(金)、「公益社団法人セカンドハンド」から林香子先生をお招きし、「エクアドルの子ども達から考える人権問題」と題してご講演いただきました。林先生の青年海外協力隊でのご経験をもとに、現地での子どもたちとの活動の様子や大変だったこと、国際協力をするうえで大事なこと(相手の人権を守るうえでも大事なこと)などをお話ししていただきました。また、「エクアドルの中高生が考える【エクアドルの問題】」についてのワークシートを用いて、自分たちの身の回りの問題や今後自分たちにできることについても考えました。積極的に挙手して自らの意見を発表する生徒もおり、自分の意見をしっかりもって考えることができていました。

 集団生活においては、相手を思いやる気持ちをもっていれば、ちょっとした「気づき」ができると思います。一人一人のたくさんの「気づき」から、お互いのつながりを大切にできる人間関係を築いていきたいですね。

ひらめき お知らせ<1年生>

 今回、僕たちは住吉公園の展望台に行ってきました。いつも道を歩いているときとは違うように感じる景色や町が見えました。ぜひ、僕たちの記事を読んでください!

N観光発見隊

班長 坂田より

「地域の魅力発信」→「キャリアデザイン1班」からご覧ください。

こちらからもご覧いただけます!

「住吉公園の展望台に行ってみた!」

美術・図工 高文祭についてのお知らせ

 吹奏楽部と美術部が以下の日程で「愛媛県高等学校総合文化祭」に参加します。当日の活動の様子は、後日HPに掲載します。

音楽吹奏楽部

11月21日(日)

県民文化会館 

※一般入場不可

大洲農業高校と合同で参加する予定です。

 

美術・図工美術部

11月18日(木)~21日(日)

愛媛県美術館南館1・2階

※20日(土)は一般入場不可

 

お知らせ 校内マラソン大会

 11月10日(水)、校内マラソン大会が開催されました。「走りなら任せろ」と言わんばかりの長高の長距離ランナー加藤先生の先導で、一人一人が目標の達成に向けて、ゴールを目指して長浜の町を駆け抜けました。

 マラソン大会に楽しみをつくろうと加藤先生によって用意された「加藤賞」の贈呈もありました王冠

星 君が光る。

 部活や授業、委員会等の販売や活動報告、クラスの出店など、みんなで協力して創り上げた楽しい企画で盛り上がりました。PTAによる輪投げとフリーマーケットも大好評でした。御協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

 長高生のみんな、すてきなフェスティバルをありがとう。

星 長高No.1

 長高フェスティバルで大盛り上がりを見せた「長高No.1」。大舞台へ踏み出した勇気に、成功させるために努力した足跡に、挑戦を堂々とやり遂げた姿に、温かい拍手と歓声が送られました。舞台と観客席が一体となり、とても良い雰囲気でした。

 自分が好きなこと、得意なことを自信をもって表現できる場面がこの学校にはあると再確認できた時間になりました。

グループ 舞台発表

 生徒会のユーモアたっぷりの掛け合いと軽快なダンスで始まったオープニング。

 今年の生徒会年間テーマである「力戦奮闘~未見の我~」を考えた、上田さんが表彰されました。

 地域の伝統芸能である「伊予長浜豊年踊り」。郷土芸能部は今年も有志が集まり、一生懸命練習に励んで本番を迎えました。

 楽器の良さを最大限に生かし、すばらしい演奏を披露してくれた吹奏楽部。

美術・図工 未だ見ぬ自分との出会い

 11月6日(土)、長高フェスティバルが行われました。生徒会のエネルギーあふれるオープニング、練習を重ねた伊予長浜豊年踊り、吹奏楽部による聴いている人を魅了する演奏、様々な挑戦で会場を沸かせた長高No.1等、すばらしい舞台発表の数々。また、各団体で工夫を凝らし、時間をかけて準備した出店や展示など。今年の生徒会年間テーマは「力戦奮闘~未見の我~」です。学校行事では、みんなで奮闘しながら一つのものを創り上げることが、まだ出会っていない自分に出会うチャンスを与えてくれます。今回のフェスティバルはまさに、このテーマにふさわしい一日となりました。

 

校長先生からのメッセージはこちら

右「校長室より」

*写真の枚数が多いので、その他の写真は後日掲載します。

音楽 芸術の秋

 5日(金)、器楽・音楽選択生の発表会が行われ、観ている人を魅了するすばらしい歌声と演奏を披露してくれました。

ひらめき 5・6日の観覧について

 5日(金)の器楽・音楽選択生の発表及び、6日(土)の長高フェスティバルにつきましては、新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で実施します。生徒を通じて配布している「来校証」に必要事項を記入し、必ずお持ちください。「来校証」の持参がない場合は校内に立ち入ることはできません。卒業生・地域の方々の来場はご遠慮ください。また、当日のプログラムの保護者用も生徒に配布済みです。車でお越しの際は、長浜支所側の門から入っていただき、グラウンドに駐車してください。

 生徒たちにとって思い出に残るフェスティバルになるように御理解・御協力のほど、よろしくお願いいたします。

ひらめき お知らせ<1年生>

 今回は沖浦観音に行きました。この場所に行くのは2回目です。秋らしいものを見つけながら訪れることができました。ぜひ、僕たちの記事を見てくださいね。

「地域の魅力発信」右「キャリアデザイン1班」からご覧ください。

 こちらからもどうぞ右「もう1回、沖浦観音に行ってみた!」

N観光発見隊

隊長 坂田より

星 夢をかなえた先輩

 10月31日の愛媛新聞に、本校卒業生で四国水族館職員の山本さんの記事が掲載されました。先月、本校と四国水族館のコラボ企画をオンラインで開催し、本校水族館部の有志と県外からオープンスクールに参加していただいた中学生と対談をしていただきました。長高生の憧れの先輩である山本さんの活躍をこれからも応援しています。

「夢の飼育員 実現し奮闘」

2021年10月31日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20211102-04)

星 未来の担い手として

 10月29・30・31日の愛媛新聞に、生徒たちの選挙に関する意見が掲載されました。社会の出来事に対して自分の意見を発信することは、主体的に行動できるようになるための実践的な主権者教育につながります。

「投票し意見を反映させよう」

2021年10月29日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20211102-02)

「選挙 今こそ若者の力が必要」

2021年10月29日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20211102-03)

「投票行こう 未来変わるかも」

2021年10月30日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20211102-05)

「選挙 若年世代の意見不可欠」

2021年10月30日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20211102-06)

「投票は若者の力見せる時だ」

2021年10月31日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20211102-07)

お祝い 入選おめでとう

 10月31日(日)、「後藤新平・新渡戸稲造記念 全国高校生・留学生作文コンクール」の表彰式が拓殖大学で行われ、「子供たちの未来とAI」を主題とした作文で入選した2年の石本さんが出席しました。

 石本さんの作文の論旨は、「SDGsの中に『質の高い教育をみんなに』という目標があり、これを達成するためにAIが活用され始めている」、「すべてをAIにまかせるのではなく、AIと共存していく必要がある」というものでした。世の中の流れをしっかりとらえ、AIの良さ、人間だからできることを明確にし、子どもたちの未来に思いを馳せた作文になっています。

 石本さんの作文は、職員室前の掲示板に貼られています。長高生の皆さん、ぜひ読んでみてください。

グループ 実りの秋

 10月26日(火)、秋晴れの空の下、グラウンドの隅にある畑に集合した1年生。行われていたのは、ついに時期を迎えたサツマイモの収穫でした。生徒たちは、「いつまで掘るの!?」と思わせるほど、宝探しをするかのように、ずっとテンション高く土を掘り続けて楽しんでいました(笑)

 このサツマイモを植えたのは、まだ入学して間もない春。まだお互いにとても気を使いながら過ごしていた頃でした。入学から約半年が過ぎ、にぎやかに芋掘りを楽しんでいる姿からは、生徒たちがお互いを理解して打ち解けている様子が見られました。秋と言えば「実りの秋」。サツマイモの収穫に喜びを感じたのはもちろんですが、本当の収穫は生徒たちの成長した姿でした。

会議・研修 大洲ゴミ0プロジェクト

 10月23日(土)、内子町共生館にて行われた「えひめ教育の日」推進大会・推進フェスティバルに、チーム530が参加しました。昨年度と今年度のキャリアデザインで行っている「ゴミ0プロジェクト」について発表しました。ゴミのポイ捨て問題は、身近で大きな課題です。より良い未来を築く上で大きな意味がある「ゴミ0」の輪をどんどん広げていきたいですね。

 なお、この問題はSDGsの以下の番号の達成につながります。

11「住み続けられるまちづくりを」

12「つくる責任つかう責任」

14「海の豊かさを守ろう」

グループ 県外生への支援

 10月25日(月)、長浜町商工会から寮生活を送っている2人へ商品券が送られ、校長先生から手渡されました。地域からの手厚い支援は本当にありがたいです。

グループ 10月の活動<華道部>

 花の色合いからも秋の深まりを感じることができます。横の広がりや前後のバランスをとることで、全体を大きく見せることができます。トキワマンサク、ダイアンサス等、舌をかみそうな名前の花材がある時は、校長室に持っていって名前を聞かれると、緊張もあり頭が真っ白になる生徒続出のようですが、活動場所に戻ってきて名前を再確認する姿は頼もしいです!

グループ 大洲高校との交流

 10月25日(月)、水族館部員が大洲高校の1年生全員とTeamsを用いて遠隔交流をしました。長高水族館の疑似来館体験をしてもらえるように、水槽の解説やクイズ、研究発表等を行いました。

 今後もお互いの学校を知り、様々な意見交換をすることでコミュニケーション能力を高めていきたいですね。また、今回の遠隔交流では、LIVE配信や地域みらい留学等で場数を踏んでいる画面越しでの解説も生かすことができていました。

 大洲高校の皆さん、ありがとうございました。

携帯端末 青島動画 第1弾

 1年生の総合的な探究の時間に、5班が青島について研究し、動画作成に取り組んでいます。動画の第1弾が完成し、公開していますので、ぜひご覧ください。

「地域の魅力発信」→「キャリアデザイン5班」からもご覧いただけます。

鉛筆 愛媛新聞に掲載されました!

ハートニモ残月ハート

 10月23日(土)の愛媛新聞に1年生のキャリアデザイン4班の取組が掲載されました!

 

「魚のハート 銘菓に華」

2021年10月23日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20211025-08)

語の日

語の日のことばを紹介します。

「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン。それで世界を変えられる。」

 

<解説>

 これは、パキスタン出身のフェミニスト・人権運動家のマララ・ユスフザイさんの言葉です。

 教育を受ける権利が日本にはあります。これは日本においては当たり前のことで、学校に行き、教科書や鉛筆があり、黒板で先生が勉強を教えてくれます。

 ですが、世界にはこのような恵まれた環境が無い国があります。学校に通えず、家の家事ばかりしている子どもたちがいます。私たちが毎日通っている学校は当たり前ではありません。いろいろな人のおかげで、私たちが当たり前に日常を送れていることに感謝をしながら生活をしていきましょう。

会議・研修 進路ガイダンス

 10月21日(木)、1・2年生を対象に進路ガイダンスが行われました。専門学校や大学等の講師の先生をお招きして、生徒たちは13の講座に分かれて職業体験授業を受けました。どの講座も楽しい内容で学ばせていただき、生徒たちは興味を持って取り組んでいました。今回の授業を参考に、自分自身の進路意識を高めていきましょう。


会議・研修 いよぎん金融教室

 10月20日(水)、伊予銀行の方々を講師にお招きして、1年生を対象に「高校生のためのいよぎん金融教室」が行われました。「金融の正しい基礎知識」や「健全な金銭感覚」を身につけることを目的として、お金の貯め方や守り方、地域貢献に関する講義など、グループワークも交えながら集中して学ぶことができました。社会に出る準備として、必要なことを学ぶ充実した時間になりました。

 伊予銀行の皆様、ありがとうございました。

グループ 人権委員会 活動報告

 10月15日(金)、3年生の人権委員3名が大洲市五郎にある「カトラッチャ珈琲焙煎所」を訪問し、オーナーの今井英里さんにお話をうかがいました。今井さんは、ご自身でホンジュラスからコーヒー豆を仕入れ、焙煎、販売をされています。

 なぜ私たちが今井さんにお話をうかがったのか。今回の取材の詳しい内容は、「ホンジュラスから届くコーヒー豆と人権課題」として、11月6日の長高フェスティバルで発表を行います。

 取材にご協力いただきました今井様、関係者の皆様、ありがとうございました。

ひらめき お知らせ<1年生>

 今回、僕たちは長浜のショッパーズに行きました。読めない看板があることで有名になったお店です。長高生もいつもお世話になっています。

下ぜひ、僕たちの記事を見てください。

「ンョ゛ハー゛に行ってみた!」

「地域の魅力発信」→「キャリアデザイン1班」からもご覧いただけます。

班長 坂田より

星 待ちに待った公開日

 10月16日(土)、長高水族館の一般公開が行われました。待ちに待った3か月ぶりの公開日で、生徒たちも当日を楽しみにしながら準備をすすめてきました。また、部員に話を聞くと、お客様に直接お会いすることができる一般公開は、とてもやりがいを感じると言っていました。

 ご来館いただいた皆様ありがとうございました。いかがだったでしょうか。人数制限を設けての公開だったため、予約できなかったお客様、申し訳ございません。いつか来ていただけることになった際に、より楽しい水族館をお届けできるように、水族館部みんなで頑張ります!

 1年生のキャリアデザイン4班と「米田七宝堂」様との特別企画である「ニモ残月」は、大好評であっという間に完売することができました。生徒たちもアイデアが形になり、店頭に立って接客もさせていただき、貴重な経験をすることができました。お買い求めいただいたお客様、ありがとうございました。

ハート ニモ残月<1年生>

 10月16日(土)は長高水族館一般公開が行われます。明日に向け、1年生のキャリアデザイン4班と長浜の「米田七宝堂」様との特別企画である「ニモ残月プロジェクト」をご紹介します。下の写真の「ニモ残月」を限定50個で販売しますので、公開日のお土産にぜひハート

下詳細はこちら

「ニモ残月プロジェクト」

星 頑張る生徒たち

 10月15日(金)、2学期中間考査の最終日でした。考査期間中は、放課後も教室に残って勉強している生徒や、分からないところを先生に質問に来る生徒など、一生懸命テスト対策に取り組んでいる姿をたくさん見ることができました。

 午後は、明日の公開日に向けて水族館部の生徒たちがテキパキと準備していました。ミーティングでは、3か月ぶりの公開日に向けて気合いが入っている様子が伝わってきました。

 部員のミーティングが行われている頃、中庭のタッチプールでは、カニたちがプールの真ん中に集結していました。カニたちも明日に向けて、ミーティングをしていたようです。

 生徒も生き物たちもお客様にお会いできるのを楽しみにしております音楽

鉛筆 愛媛新聞に掲載されました!

 1年生のキャリアデザイン6班の生徒が書いた文章が愛媛新聞に掲載されました。「大洲ゴミ0プロジェクト」についての詳細は、トップページのバナーからご覧ください。

「ポイ捨て防止 活動を広げて」

2021年10月9日付愛媛新聞

(掲載許可番号:d20211013-07)

ひらめき テレビ放送のお知らせ

10月14日(木)18:10~

NHK「ひめポン!」

「ハイスクールめぐり」のコーナーで本校が紹介されます。

多くの生徒が撮影に参加しました!

会議・研修 実施報告会<2年生>

 10月7日(木)、「企業見学・インターンシップ・オープンキャンパス実施報告会」として、2年生が1・2年生を対象に発表を行いました。各企業で仕事内容や従業員の方の仕事に対する姿勢を間近で学ばせていただくことで、働くことについての考え方に変化があった生徒が多かったようです。また、オープンキャンパスについては、受験に向けて今すべきことは何かを考える良い機会となったそうです。先輩たちの発表に、1年生は熱心にメモをとっていました。

 今の自分の行動が将来につながります。一歩踏み出して、自分自身の新たな可能性を引き出しましょう。

ひらめき お知らせ

 今回は沖浦観音に行きました。インターネットで事前に調べていきましたが、ネットで見た以上に沖浦観音から美しい景色をみることができました。これは1回目で、もう1度行く予定を立てているので、次は秋の違った景色をみることができるのを楽しみにしています!

下ぜひ、僕たちの記事を見てください。

「沖浦観音に行ってみた!」

「地域の魅力発信」→「キャリアデザイン1班」からもご覧いただけます。

班長 坂田より

ひらめき テレビ放送のお知らせ

10月7日(木)18:15~

あいテレビ「Nスタえひめ」

本校生徒が取り組んでいるローカルフィッシュ缶グランプリの話題が紹介されます。

王冠 受賞速報

 10月6日(水)、海ごみ対策の全国から優れたモデルになる取組を表彰する日本財団・環境省主催の「海ごみゼロアワード2021」において、昨年の総合的な探究の時間で取り組んだ「長浜ゴミ0プロジェクト」が全国2位にあたる「日本財団賞」を受賞しました。チーム530を代表して、松島さんが表彰式に出席しました。昨年度、この研究が受賞した地域探究プログラムの文部科学大臣賞(全国1位)に続き、すばらしい快挙です。

語の日

語の日のことばを紹介します。

「人権を否定することは、その人の人間性そのものを否定することだ。」

<解説>

 これはノーベル平和賞を受賞したネルソン・マンデラの言葉です。皆さんは、相手の人間性や性格を否定するような発言をしていませんか?差別問題は日本に限らず、世界的な問題となっており、最近ではSNSで差別的な発言を投稿し、ニュースとなる場面をよく目にしています。人間はどんな人であろうと、人権があります。一人一人には個性があり、皆違った性格をしているので、好き嫌いが分かれるかもしれません。だからといって、その人の人権を否定するような発言や行動をしてはいけません。相手の個性を素直に受け入れ、一人一人が自覚をもった行動を心掛けていき、差別問題が無くなってほしいと思います。

星 地域みらい留学

 10月3日(日)、地域みらい留学のテーマ別説明会と学校説明会、オンライン交流会が行われました。説明会では、生中継で繰り広げる生徒たちの元気いっぱいのプレゼン、まずは見た目から学校の楽しさを伝える先生のコスチューム、「漁」ではなく「寮」からの中継など、本校の魅力が詰まった内容を分かりやすく発信することができました。オンライン交流会では、中学生と長高生で質問し合ったり、共通の話題で盛り上がったりなど、楽しい雰囲気で時間が過ぎていきました。

 今回の説明会及び交流会には、8月のオープンスクールに来てくれた中学生も参加してくれて、つながりが広がっていくことの喜びを感じることができました。

星 地域みらい留学

 10月3日(日)、「地域みらい留学」のイベントがオンラインで行われます。本校は長高水族館から生中継で参加します。途中退室もOKです。ぜひ、気軽に参加してくださいね!

下詳しくは、こちらをご覧ください。

「地域みらい留学」

学校 後期HR役員任命式

 10月1日(金)の全校朝礼は、後期HR役員の任命式でした。本校では、10月から各クラスの委員が交代になります。クラスをまとめる役割の評議員を中心に、より良いクラスを築いていきましょう。

ひらめき テレビ放送のお知らせ

10月1日(金)18:15~

南海放送「ニュースチャンネル4」

9月18日(土)に行われた水族館部のLIVE配信の様子が紹介されます。

グループ 9月の活動<華道部>

 9月からは、秋を感じる花材を使うようになりました。人数が増えたため、これまであまり使っていなかった花器も使うようになり、雰囲気の違いを学ぶことができています。

語の日

語の日のことばを紹介します。

「自分を少し抑えて、肩の力を抜けば、仕事は長続きする。」

 

<解説>

 これはタレントの関根勤さんが言った言葉です。真面目に自分の仕事をすることは良いことです。しかし、人は必ず休みが必要です。少し息抜きをすることが大切です。私たちはまだ仕事をしていないので高校生活に置き換えて考えてみましょう。一生懸命に様々なことにチャレンジすることは大切ですが、自分の体は1つしかありません。時々、自分の好きなことや趣味を見つけてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。ですが、リフレッシュばかりはしないように。来週には中間考査の範囲が発表となります。メリハリをつけて中間考査に向けて頑張っていきましょう。

美術・図工 芸術と水族館

 9月24日(金)3限目、1年生の美術の授業が水族館で行われました。生徒たちは、ウツボやタコクラゲ、クマノミ等の動く生き物をスケッチしていました。次回の授業からは、このスケッチをもとに点描の作品制作に取り掛かるそうです。完成した作品は、本館2階の階段付近に毎年飾られます。仕上がりが楽しみですね音楽

 水族館を生かした授業は理科だけではありません。本校自慢のここでしかできない学びです。

星 魚がいる。人が来る。君が光る。

 9月23日(木)、県内中学生対象の学校体験が行われました。午前中はマリンアクアリウム実習と体験授業、午後は体験入部や釣り大会、水族館見学等の本校の魅力が詰まった日程で長高生の一日を体験していただきました。楽しんでいただけましたか?

 体験中は、本校生徒とたくさん関わっていただきました。開会行事から中学生の心をつかもうとエンジン全開の長高生(と負けないくらい目立つ先生たち)。体験授業では、中学生の皆さんとの会話に緊張しつつも温かく歓迎する気持ちや優しさがあふれていました。体験入部や釣り大会等では、自分の好きなことを目を輝かせて中学生に語っていました。

 本校での3年間で、長高の先輩たちのように、ここでしかできない経験を積みながら実践的な力を身につけ、大きく成長することができます。「魚がいる。人が来る。君が光る。」一人一人が輝ける学校がここにあります。これは、「ほんと」です。

 ぜひ、来年の春から長高生として青春を送りましょう。お越しいただき、本当にありがとうございました。

校長先生からのメッセージはこちら。

→「校長室より

<開会行事>

<マリンアクアリウム実習>

<体験授業>

<体験入部>

<釣り大会>

ひらめき お知らせ

 今回は「沖浦公園」に行きました。公園の楽しさが伝わるような記事を書きました。遊んだり、休んだり、体を動かしたりすることができる、とっておきの場所なので、僕たちの記事を読んでぜひ来てみてくださいね!

「地域の魅力発信」→「キャリアデザイン1班」からご覧ください。

キャリアデザイン1班 坂田より

下こちらからもご覧いただけます。

「キャリアデザイン1班」

携帯端末 R03 長中長高交流会~Ending Movie~

 先日、同じ長浜地区にある中学校 “長浜中学校” の3年生と交流会を行いました!この動画は、当日は時間がなく披露できませんでしたが、イベントの最後に流す予定だったエンディングムービーです。当日のなぞときウォークラリー「長高クエスト」の様子や卒業生からのメッセージ、在校生の喜びの瞬間が収められています!

 長高主催の楽しいイベントの様子や、卒業生目線の長高の魅力が伝わる動画になっています!

下こちらからご覧ください。